スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これでいいのか大阪市政 「誰のための地下鉄建設」 続編  第1回 

続編 <大阪市の野望、大・大阪市構想!>

第1回 中央環状線(府道2号)の内側は大阪市に取ってはタダノ属国!


現在、大阪市域外で、大阪市営地下鉄の恩恵を受けている市は、北から吹田市、門真市、守口市、大東市、東大阪市、八尾市、堺市、つまり、府道2号・中央環状線内側の各市である。


そして、北から御堂筋線江坂駅周辺、谷町線大日駅周辺、同じく八尾東駅周辺の順に、都市化が進み、特に江坂駅周辺など、本町当たりと見まごうばかりの繁栄ぶりである。


これらは、皆大阪市営地下鉄様のおかげ、各周辺都市の市職員は、大阪府をそっちのけで、大阪市に『米つきバッタ』さながらペコペコ、ひれ伏す。


大阪市(役人)にとって見れば、将来道州制が実施されたときに、州都にふさわしく、周辺都市を併合し、大・大阪市を成立させるための布石。自らの大阪市民を苦しめても、己の手柄と名誉のため、地下鉄建設という大盤振る舞いを餌に、周辺各都市を抱え込む構え?


但し、大和川を挟んだ堺市だけは、そう簡単に尻尾を振らず、為に大和川潜りの難工事?を絶好の口実とばかりに御堂筋線中百舌鳥駅延伸を引き伸ばした?


<つづく>

[2007/11/10 22:38] 鉄道・公共交通 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/99-066d0681







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。