スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もうこれ以上行き止まり、両端閉鎖の地下鉄路線は要らない! これでいいのか大阪市政 「誰のための地下鉄建設」 第2シリーズ 最終回  

これでいいのか大阪市政 「誰のための地下鉄建設」 第2シリーズ 大阪市営地下鉄、迷走の歴史 最終回


もうこれ以上行き止まりで両端が閉鎖された地下鉄路線なんか要らない!


作るなら、既存の路線と重複した路線でもよいから在阪民鉄と相互乗り入れの出来る"解放された新線"の建設を願う。


懐の狭い考えで、市域だけの利己的な利益・利便追求に走ってほしくない。民営化によって、地域エゴ(自民党市議団の)から解放され、創建当時の崇高な理想と使命感、そして何よりも鉄道事業者としての誇りを取り戻して欲しい。


近畿圏全体の地域社会の活性化・発展に貢献出来る社会資産として、近畿の中枢、大阪の都市交通の要として、広域交通の一翼を担う都市交通網の構築を目指してほしい。


河内特有の地域エゴの固まりのようなローカルで閉鎖的な地下鉄網の建設拡大にストップかけるのは今しかない。


今決断しないと、大阪市は後世の子孫に利用されなくなった地下鉄の廃墟と、莫大な借財を残し崩壊し、挙げ句の果てに住人や企業からも見放され、彼らが脱出した後には使われなくなった地下の迷路網と、その地上に、同じく使われなくった高層ビルが林立するゴーストタウンと成りはててしまうであろう!


<この稿終わり>
[2007/10/16 20:28] 大阪のこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/74-89686dd2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。