スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地下鉄建設がギョーカイを潤す これでいいのか大阪市政 「誰のための地下鉄建設?」  第一回  

これでいいのか大阪市政 「誰のための地下鉄建設?」  第一回

地下鉄建設には莫大な建設費がかかる。

地下トンネル本体掘削工事、、軌道敷設、電気設備、駅舎建設、主に駅建設に伴うオープンカット部分の現状復帰道路工事・整備費等など、関連工事費を含めると、新線一線を建設するのに一線億円?以上の巨額の建設費を要する!


このことは何を意味するか、地下鉄を建設すると巨額の資金がギョ~カイに流れ出す!ということである。


資金とは、すなわち大阪市の自己資金=税金、市の借款(借金)=最後は税金、国の補助金=税金、何れにしろ最後には確実にツケは市民にまわってくる。勿論減価償却費という形で、交通局自体も某かの金子は支払っている。


利用者負担つまりは乗車料金に跳ね返ってきている。


しかし公共交通機関である以上、無闇に高額な料金体系には出来ずに苦慮しているのが実情。


となると新線建設費を除いた、施設・車両・などの保守管理費や電気代、人件費、消耗品購入費等の運行費などの歳出と、運賃収入をメインとする歳入のバランス、今流行の言葉で言うとプライマリーバランスを取るのがヤットの状態。


民間鉄道ならトーゼン原価償却しなければ成らない巨額な建設費の大半は、巧妙な会計処理で、市の一般会計に振り替え、表には現れない形に…、しかしひしひしと市の財政を圧迫し借款、赤字は膨らむばかり。


すなわち、結果何時かは税金として市民一人一人に重くのし掛かることになる。


長年助役として市政を内側から見てこられた現市長関淳一氏は財政再建・健全化をはかるには、市直営事業の見直しを行い無駄な歳出を抑えること以外にみちはなし!真っ先に地下鉄事業の民営化=放棄しか有り得ないと確信されたのであろう。


そして来る市長戦の選挙公約として、5年後をめどに地下鉄事業を民営化する案を発表された!


<以下次回に続く>



[2009/04/21 05:33] 鉄道・公共交通 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/64-40ccb5b4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。