スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デパートの今を考える その2 

第2回 デパート商法の実態

松坂屋、と大丸の経営統合が発表された。
デパート業界日本一の経営規模になると言う。
規模を生かし、仕入れ等の強化を図り業績の拡大を狙うと言う。
念願の首都圏進出も考えているという。

チョット待て,それって違うのじゃない?

デパート商法の実態から考えてそれは無理でしょう!

デパートのビジネスモデルは基本的に、”陳列棚貸し”商売でメーカー、問屋から高い出店料を取って坪単位でフロアーを貸し、売り上げの上前を”ピンハネ”する商売のはず。

一般人には信じ難い事かもしれないが、デパートの売り場に立っている店員の殆どは社員ではない!

業界用語で”マネキン”と呼ばれる”派遣店員”達。売り場に立っている正社員と言えば、売り場主任、係長、課長、等の管理職とレジ係、それにエレベーターガールぐらい。

デパート商法の旨みはずばり”仕入れをしない”ことにある!

どういう事?って、それは”委託品販売”だから、売れ残った物は納入業者に”引き取らす”だからデパートには仕入れなどない!

じゃあデパートお得意の”何々バーゲン”や恒例の”期末在庫一掃セール”ってあれは?

そうバーゲンは、デパートの”企画イベント”の一つにすぎず、殆どがバーゲン用に”わざわざ作った品物”をデパートのプロデュースで”業者”が並べるているにすぎない。

つまり、デパートとはトレードマート(展示場)とプロモーター(イベント屋)の合体したような不思議な小売商。


デパートは一般客あいての店頭商売にたよっていない!?

エ、、、と思われるであろうが、老舗のデパートは創業当時からの”お得意様”を沢山抱えている。
このお得意様を”外商”と呼ばれる”営業担当”がおもりしている。
勿論、外商の顧客には企業関係も多いが個人の”お得意様”は別格、珍しく店頭にお越しになっても?下品な現金など厳禁である?
お支払いは小切手かカード。
カードと言っても最低でもダイナース、ゴールドカードは当たり前、ブラックカード(限度額無し!)をお持ちのセレブな方々である。

普段は自宅に外商を呼びつけ、カタログでお買い物をなさるお得意さま。

デパート商売はこういうセレブなお得意様の方々をどれほど抱えているかで勝負が決まる。

前回、少し触れた、新興の百貨店であったヤオハンはここが弱かった。
一般消費者だけを相手にしていたので、後発の大規模小売店に敗北してしまった。


百貨店は独立採算店舗の集合体。

当たり前ではあるが、デパートでは各店が各々独立したディビジョンになっており、店同士で売り上げを競い合っている。
品揃えも各店舗でまちまち、経営者レベルでの幹部会議はあっても実務レベルでの横の連絡など無いに等しい。

業者側から見れば幾ら全体の規模が大きくても、相手はそれぞれの”お店”単位である。
ピンハネ率の交渉も各店舗と個別に交渉を行っており、当然全国一律とは成らない。

だから規模を生かした一括仕入れでコスト削減などありえない!


デパートは元祖ショッピングモール。

今、各地で巨大ショッピングモールが次々と誕生しているが、元はと言えばデパートがその元祖。

デパートは例えば”近鉄百貨店”のように”屋号”を持っている。
故に一つの”小売店”のように受け取られがちだが、今まで述べてきたように、実態は”101”のようなショッピングビルと変わらない。
前回述べたように、”包装紙の安心感”が絶大であった頃は、大規模量販店の花形がデパートだった。

しかし”ブランド”が小売店からメーカーに移って久しい現在、一般顧客のデパート離れは止めようがない現実。
老舗百貨店はその業態を101に代表される”都市型モール”に変換するか、店舗を数・量供に大幅に縮小する時にきているのではないか?

呉服屋や小間物屋商いから発して時代をリードしてきた百貨店だが、顧客である一般消費者の増加以上に新しい形態の小売り店が続々誕生し強力なコンペチターとなってしまった今、いつまでも”売り場拡大”、”店舗数増大”の同じお題目ばかり唱えているのでは無く、小売業を取り巻く厳しい現状を”直視”してこれからの百年を考えるべきではないか。
それが株主・出資者に対する、企業の責任だと思うのだが。

<つづく>


[2007/09/08 22:59] 甘辛時事放談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/50-45420c0c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。