スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

耐震強度偽装問題 その2-2 

<鉄筋とは異形丸棒を加工したものである、>そして、”鉄筋屋”の仕事は、工場での裁断、曲げ加工、現場での組み立て、までが含まれる。
鉄筋コンクリート製の柱や梁は、鉄筋16本が必要ならそれだけの鉄筋がバラバラにならないように、現場で柱や梁一本毎に”口”型の鉄筋製の”枠金”で固定し”籠状”に仕上げる。
この作業は熟練した”鉄筋職人”が柱、梁ごとにそれぞれの鉄筋を”枠金”一カ所毎に、鉄筋のとの交点16カ所全部を、”番線(鉄線)で結び”籠を作る。そして”型枠屋”の職人が型枠を設置し、コンクリートを打設する、この作業を1フロアー毎に繰り返しすべての階を仕上げる。
鉄筋が少なければ、”引っかかる?”物が少ないのでコンクリートの流し込みも楽に行え、作業はドンドンはかどる?

実は小生、数年前、ある全国チェーンの有名電気店の店舗建設に立ち会ったことがあった。このとき工期厳守(工期短縮?)のため、鉄筋組み立ての際”所長判断”で鉄筋を間引きし、残った大量の鉄筋を”地中に埋めた”のを目撃している。

説明が長くなったが、つまり鉄筋が少なくなればなるほど、鉄筋設置に関する”工数”すなわち”工場加工”や”現場作業”が少なくなり、大幅な工賃削減・工期短縮が可能となる、従って、”劇的にコストダウン”が可能となる。

今回は柱と、梁に話題が集中しているが、実は”加重”(備品、家具、ピアノ、住人の体重?等)を直接支え、梁→柱と加重を伝える”床”にも重大な手抜きがあるのでは?,,,と筆者は睨んでいる。使用した生コンもさだかで無いからである。筆者は”設計図”どおりの”強度”の生コンを使ってないのではないかと疑っている。生コンに水を大量に添加し”流動性”を高めて、作業性をよくするのである。業界用語でイワユル、”シャブコン”というやつである。これが固まると、必要以上に水分が添加された箇所は業界用語で”ジャンカー”すなわち”虫食い状態”となる、強度は”軽石”並みフツーの家庭用ハンマーで何なく砕ける!
あなたの貴方の部屋の壁という壁、柱という柱、床、天井、周囲すべてがこの状態だとしたら、アアコワ~!

最悪、{ピアノ等の重量物を運び入れると、”床が抜ける”大事故が発生するかも知れない!}

ちなみに、ご自宅・マンションに不安を感じておられる方は、全国にある、総合建物診断やコンクリート診断をしている、専門の”検査会社”に管理組合などを通じて、”建物の健康診断”を依頼してみてはい

かがだろうか?{例えばhttp://www.just-ltd.co.jp/
一連の報道では一方的に業者側に責任を押し付け、住人側は”被害者”ということになっているが、「安物買いの銭失い」の典型だとも思う。気に入らなければ買わなかったはずであり、「他の物件に比べて、明らか”相場’より安いというのは、何か裏があるのでは?」とは思わなかったのか?
今後購入者の方々もある程度の防衛・予備知識を持つべきだし、また必
要だと思う。

そこで一般の”消費者”として、コンナ”映画のセット”みたいな”マヤカシ物”を買いたくなければ、以下のことに留意すべし!

※工期をよく調べてから契約セヨ!
<整地して、”基礎工事”を始めてから、完成までどれ位の工期がかかったか?>
3階立ての軽量鉄骨賃貸ならともかくも、”ジョーシキ的”に8階立て以上の鉄筋コンクリート分譲マンションが4,5ヶ月で完成する訳がない!
一般的には8ヶ月以上、大規模なマンションなら1年以上はかかるはずである。事実これも小生が関係した、大手H川工務店が建設した戸田市の某分譲マンションは、基礎工事から、完成まで1年以上を要していた。

<最後に、これから”一戸建てマイホーム”を購入しようと思っている貴方に>
元建築関係者として一言。”手抜き工事”が怖いなら。建売でも建築途
中で一度ぐらいは見学に行く、建売以外の注文住宅ならなおさらで、せめて”棟上”ぐらいは確認をかねてお祝いしなさい!そして、できれば毎日、3時のお茶とおやつぐらいは届けに行きなさい。「完成まで一度も見に来ない客の家なんか!,,,,,」ショージキ......!ソー思いました!ハイ。
[2006/03/19 18:48] 社会問題 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/43-ae654a89







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。