スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

規制緩和について考える、第1回 

遅まきながら”子供の仕付け”に関しては”自由”と”放任”は、区別されるべきだと言われ出した。

しかしながら、昨今の規制緩和の状況を見ていると、これはもう緩和を通り越し”放任”状態だとしか言いようがない。

馬鹿なマスコミ連中は流行に乗り遅れまいと”ジェダイの騎士?”気取りで、一斉に小泉ダースベーダーの規制緩和の”暗黒面?”を連日かき立てだした。
有効な解決策も提示しないでただ批判ばかりを繰り返している

数年前に規制緩和という”ライトサーベル”を読者に喧伝しまくったのは一体どこの誰なのか?

一度”暗黒面”が見え出すと、マスコミは規制緩和そのものが悪の根元のように言いだし、今度は”規制礼賛”に走る。

君たちマスコミには”ウケ”(発行部数)しか興味がないのか?
それじゃまるでヨシモトの芸人ではないか!

ジャーナリストを標榜したければプライドと信念を取り戻し、冷静で公平な取材をしろ!

”規制緩和、行政改革が悪いのではない、放任がイケナイのである”。と言うことをもう一度考え直すことである。

ホリエモン、オジャマモン、背骨混入輸入牛肉が世間を騒がす前、君たちはイーオン等の大規模ショッピングセンターをやり玉に上げかけていた。
事実出店規制を厳しくし、出店しづらくする立法の動きも見られる。

利権にめざとい地方自治体職員や議員連中は自身の無策を棚に上げマスコミや一部の有識者を巻き込み、「郊外型の巨大ショッピング施設は、都市の空洞化を招き老人弱者置き去りの社会現象を招いている。」と規制緩和の暗黒面の代表格のごとく批判し出した。


はたして本当にそうなのだろうか?

空洞化空洞化と言うが、駅周辺がさびれたおかげで都心部の地価はさがり、市街中心部の交通混雑は緩和し、住民にとっては環境が改善されたとは考えられないだろうか?

現実には高齢者を除き大半の住民が車を所持し、郊外型の生活をしているのだ。
立派な駐車設備を備えた郊外型ショッピング施設は住民の生活にとって必要欠くべからざるものであり、さらに生活に潤いを与える郊外の憩いの場としての役割すら持ち合わせているではないか。

都市は生き物である、”役人のオモチャや、有識者の実験の場”ではない。”今を生きている人たちのコミュニティー”なのである。

元々、駅周辺に商業施設を集めたがるのは、単細胞直情型の行政官の無策の結果であり、そんな物を”都市計画”だと言い張ること事態おかしい!

郊外型大規模店舗を作ろうとする動きがあるのならば条件(条例)付きで進出を認めれば良いことではないだろうか?

たとえば、最寄り駅3駅以上と無料シャトルバスで結ぶことや、弱者(老人、身障者等)には市が弱者証明ICカードを発行し、その日の内に買い物した商品を無料で宅配するなど、弱者保護の方法はいくらでもある。

更に地元振興策として地元商店主の廃業や従業員の転職をサポートする為、「幹部社員以外の正社員および常勤パートは地元から採用すること」等地元雇用に対する対策も立てようはいくらもあろう。

これらの条件付きで出店を認めればいいではないか!

前からあった駅前商店街や、市街地の従来型スーパーが撤退した後の駅前等の至便地(一等地?)にある跡地は、病院や図書館や公民館や市役所などの複合公共施設の用地にあてて公共サービスの向上に当てればよい。

又、地価の下がった駅周辺市街地は第2種以下の住宅地とし、高層マンンョン等の利用を促進したり、これらのゾーンでは住民以外の一般車両を完全にシャットアウトし環境保全・改善に役立てる等利用方法はいくらでもある。

条件さえ整えば、地域発展・住民サービスの向上すら望みうるものだろう。

 ”地価が下がって、固定資産税の減収を危惧”することより、安全で、快適な町ずくりを目指すのが、本当の、都市計画、住民サービスではないのか?

メガロポリスのベットタウンにはベットタウンなりの発展の仕方があっても良いのではないだろうか?

今こそ、地方都市の安直な都市計画を見直す時期だろう。

マスコミは巨大ショッピングセンターが都市機能を破壊するといった安直な批判をするだけの存在に成り下がってはいけない。

<お終い>

[2006/02/05 22:55] 社会問題 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/4-a5feb8ad







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。