多摩の恵/石川酒造/福生市/東京都 

地ビール「多摩の恵」を醸造している石川酒造(株)は多摩川のほとり「陸橋」という名の歴とした「多摩川に架かる橋」のたもとにある、川を渡れば秋川市である。何故詳しいかというとデジタヌは近くの青梅市に居住していた事があり。しょっちゅう石川酒造の横を通っていたからである。「多摩の恵」市内の酒屋ので何度か購入したことがあったが、まさか何時も通っているあの石川酒造の醸造したビールだとは気づかないで飲んでいた。
1888年ビールの醸造を開始し近在や東京・横浜などに販売しその後一時期ビールの醸造を中止していたが、1998年になって再びビール造りを開始した。
小生が口にしたのはたぶんビール製造を再開して間もない頃であったように記憶している。
「多摩の恵」は同社地ビールの総称で、一般的な「ピルスナー」タイプや「ペールエール」「ミュンヒナーダーク」「ヴァイツェン」「ブルーベリーエール」、「ベルジャンウィット」、さらに瓶内二次発酵の熟成させるビール「ボトルコンディション」など多様なビールを醸造している。
地元LIQUOR BASE FUSSAから入手できる。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/326-ff3b751d