霧島黒豚で冷しゃぶをしてみる 

霧島黒豚(林兼産業)が生協経由でお取り寄せできた。

しゃぶしゃぶ用モモ肉だ。

そこで冷しゃぶを作ることにした。


冷凍できたのでまずは解凍。

冷蔵庫で1日。


で、調理だが、

まずは豚肉、沸騰させた多めの湯でさっと一枚ずつ湯がき、氷水にとり、すぐにざるにあげる。(を、繰り返す)

洗って水気を切ったレタスをがばっとさらにしき、タマネギ、キュウリの薄切りを散らす。

真ん中に冷やした豚肉を適当にちぎってのせ、トマトを脇に飾る。

できあがり。


タレは、市販の焙煎ごまドレッシングである。

画像があまり良くないが乗せてしまおう。

butasyabu01.jpg


味は...というとやっぱり若干旨みが強い。部位がもも肉のため柔らかくはない。

冷しゃぶはどうしても旨みが弱くなるのが残念ではある。


(ま、葛かければ多少違うんだが...)



でも、4歳の娘の一言「ママ、今日のお肉おいしい♪」

子供は正直である。

確かに皿の上の肉はあっという間に消えた。


霧島黒豚、強し!


である。




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/302-fb1c0f0b