満寿泉/桝田酒造店/富山市 

岩瀬出身の初代兵三郎が北海道旭川にて酒造業を興し 旭川酒造史に「都松」の商標で最初に
登場するのは明治26年のことでした。妻が明治36年の寒波の後、「もう岩瀬に帰りましょう。」と言い出し、明治38年
現在地に戻ってきた。岩瀬では「岩泉」という銘柄で始めたのですが港の芸者衆にも飲んでもらう為に昭和の始め頃今で言う別ブランド展開で苗字の桝田にちなんだ「満寿泉」というまことにめでたい名をつけ販売ところそれが成功し、現在は「満寿泉」が主力ブランドに成ったそうです。
「美味しいものを食べている人しか美味しい酒は造れない。」

それが桝田酒造店の哲学、富山という地は海の幸、山の幸にふんだんに恵まれ、当然舌が肥えます。

日本酒も新鮮な素材を活かす事が求められます。

立山連峰からの膨大な雪解水が富山湾に注ぎ込み、富山ならではの甘海老やシロエビ、寒ブリ、バイ貝、ホタルイカ、ズワイガニが育ちます。
あじ、さより、きすなどの小魚の種類の多いこと、深い雪の下から芽吹く山の精気を蓄えた山菜の数々はまさに精神的な薬膳でしょう。

自然の味が濃く凝縮した素材には、流行りの淡麗辛口は役不足だと考えている桝田酒造店は「綺麗であるが味のしっかりした旨い味わいを持つ満寿泉」を私たち日本酒ファンに供し続けてくれています。<以上は同社ホームページより抜粋した内容に基づき再構成したモノです>


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/294-8f95034e