長期貯蔵麦焼酎くろうま(神楽酒造)/宮崎県 を飲んでみて 

神楽酒造の麦焼酎"くろうま"をご存知だろうか?
東国原知事で一躍有名になった宮崎県の醸造会社である。
酒造となっているが九州の通例で焼酎専門(蒸留酒)専門の酒造会社である。
勿論ご当地ブランド"東国原"(芋焼酎!)も品揃えされている!?

デジタヌが何故気に入ったのか? 
それは、オーク(樫)の樽すなわちウイスキー樽による"長期貯蔵"に他ならない!


かつて、NHKテレビの昼の旅番組で、紹介されたことで、全国的に知られるようになったが、ウイスキーと同じオーク樽に詰められた原酒(焼酎)は、年間を通じて17℃に保たれた元国鉄高千穂線のトンネルで長期貯蔵(3年以上寝かせた)され、この間透明だった"原酒"は"琥珀色"となり、まろやかな味わいの"焼酎"に変わる。

そう、有名な国産ウィスキーメーカーのあのコマーシャルの通りである。
ニッカや、トリスの"安物"のウィスキー仕立てのスピリッツ類の持つ"喉を刺すドギツサやクドサ"は全くなく、"まろやかで芳醇な味わい"は正に絶品!というにふさわしい。

小生はこれこそ"ジャパニーズ・ウィスキー"である!と嘯(うそぶ)いて?毎晩愛飲している!?

 

 
麦焼酎ファンなら一度は飲んでおきたい逸品です【宮崎県】麦焼酎神楽酒造くろうま長期貯蔵1800ml

酒シンドバッド楽天市場店のお取り扱いになります。

 


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/259-c7de514f