神楽酒造/宮崎県の「天照(長期貯蔵)」を飲んでみた 

かねてより、デジタヌが「これ飲んでみたい~!!!」と言っていた、宮崎県神楽酒造の「天照」の長期貯蔵酒という蕎麦焼酎を取り寄せてみた。

 

同じ神楽酒造のくろうま(麦焼酎の長期貯蔵酒)は近所の酒屋でも購入できるが、なぜか天照はないのだ。

 

トンネル貯蔵、オークの焼き樽貯蔵が蕎麦焼酎にどんな変化をもたらすのか...デジタヌはそこに興味を持ったようである。

 

ネットでも調べてみたが、いかんせん扱っている酒屋さんが少ない。

が、楽天で1軒だけ見つかった。のんべ隊長の鬼ヶ島焼酎探検隊 という福岡の焼酎メインの酒屋さん。

(いえ、その...楽天のポイントがあったもんで、それ、使いたかったのよね、そりゃ、神楽酒造にダイレクトに注文するって手もあるんだけど...)

 

で、 注文の翌々日に厳重に梱包された「天照長期貯蔵酒」が到着。

早速デジタヌがあけてしまったのでこのざま(写真参照)である。

ちなみに写真のお隣にあるのは普段デジタヌが愛飲している同じく神楽酒造の「くろうま」である。


tensyo.jpg(飲みかけの写真で失礼...)


 

で、試飲会と相成った訳だが...

 

正直言って、見た目は全く同じ。色もほとんど変わらない...ってか本当に同じって感じ。

 

で、飲んでみた乾燥もとい感想。

ぱっとかいだときの香りは...「くろうま」とほとんど変わらない。そりゃ、同じオーク樽貯蔵ゆえだろう。

で、味はというと、これが結構違うのよね。

 

私の感想は、天照の方が、さらっとしていて飲みやすい!という感じ。口に含んだとたんに蕎麦焼酎特有の香りが広がるって感じだけど、全然いやみじゃないので、こりゃぐいぐいいけそう。「くろうま」より甘みがなくてさっぱりきりっとしていて、私は好きだなあ。

 

で、デジタヌの感想はというと、くろうまの方が淡麗って感じだとか。(つまり「天照」の方が癖がきついってことのようだ)

 

うーん、好みが分かれるところかもしれないなあってのが、正直なところ。私って蕎麦焼酎派だったのかもと思ってしまった。

 

たぶん天照の大部分は私の胃袋に収まりそうな予感がする。

  

★天照(長期貯蔵)を楽天市場で探すならここをクリック★

★くろうま(長期貯蔵)を楽天市場で探すならここをクリック★

 

 

 

 


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/258-b454775e