スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アスペルガーは厄介者? 

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座 第27回


非難を承知で差別用語を使わせてわせていただくと。

世間では、普通の人(NT )と 養護学校(最近は支援学校と言うらしいが。)に通っているような阿呆や白痴、それに気違い(統合失調症やノイローゼ、鬱病患者)の3種類しか認められていない!

つまり、アスペルガー症候群や高機能自閉症などの、軽度発達障害の”半端物”は一般的には認知されていない!と考えるべきである。

小生もそうであるが、”イッチョマエの事”をホザクので、世間の人(NT)からは、”脳タリン”や”気違い”とは違う”普通の人”として扱われる。

このことが、”諸問題の種”となる!

普通の人として扱われるのは結構な事であるが、ドッコイこちらは立派な”発達障害者”。

出来ることは(普通並に嫌それ以上に)できるが、できないことは全くと言っていいほど出来ない!

このことが誤解を招く結果となりやすい!

「あいつは、手抜きばかりのええ加減な奴や!」
「あいつは、言うこと聞かん強情モンや!」
「あいつは、屁理屈(ヘリクツ}ばかり言よって、役にタタン!」
「あいつは、怠けモンや!」
「あいつは、なんか言うたら すぐ言い返しよる、拗(す)ねモンや!」

軽度発達障害者側から見ると、
「世間の人は、意味の無い事をさせようとする」
「世間の人が言っていることはよく分からない!」
「世間の人は押しつけがましい!」
「世間の人は、不条理で無理なことばかり(僕に)強要する!」
「世間の人は、僕のことを理解してくれない」

となってしまい、最悪は自暴自棄になり、犯罪行為に走ったりする例すら発生する。

しかしこの勝負?ははっきり言って最初から軽度発達障害者側の負けに決まっている。

”運命共同体”と”仲間意識”に代表される”生存本能”が希薄な軽度発達障害者には ”肩を組んで 六甲下ろし を理屈抜きに大合唱する阪神ファンの気持ちなどとうてい理解出来ないからである。

少数派の軽度発達障害者にとって、”六甲下ろし大合唱”は馬鹿げた”ファッショ的行動”にしか映らないからである。

しかし、このことは”世間並み”を重要視するNT社会では避けて通れない問題でもある。

小生の58年間の人生は正に、このこと(偏見、or 正解?)との葛藤の日々であった。

論理的に正しくても、”風習”や”因習”などと言う規範と照らし合わせて”世間並み”でないことはNT社会では、受け入れられない!

と言う小生ですら、”3日坊主”や”朝寝坊の遅刻”常習者の愚息には信頼が置けない!

軽度発達障害者の後輩の諸君(特に小生のバカ息子!)には

「文句を言う前に、まずはやってみろ!」
「文句は、人並みに出来てから言え!」


とやっぱり”NTの爺(じじい)的小言”を言いたくもなるし、発してしまうわけである。



[2009/07/10 21:52] アスペルガーと共に | TB(0) | CM(3)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2010/04/12 21:14] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2014/04/13 21:19] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2014/04/13 21:25] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/238-be5bb614







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。