スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

徳島市内トラム路線建設計画に朗報! 

これでいいのか公共交通 誰のためのトラム建設?

その7 徳島シティーライナー(仮称)いよいよ建設本格化するか?

過日”交通新聞社 DJ鉄道ダイヤ情報 新型車両の掲載コーナー”のバックナンバーを漁っていたところ、2007年12月のバックナンバー に

「鉄道総合技術研究所 架線・バッテリーハイブリッドLRV“Hi-tram」  

の記事を発見した。

これこそ、小生が提言した徳島市とその周辺都市をカバーする”トラム網”整備計画の決め手となる”ハードウェアー”ではなかろうか!

徳島市を中心とする都市圏にカールスルーエモデルの”トラム”を導入する場合の問題点を考えてみると以下の点が挙げられるが、この新型車両の実用化でかなりの問題が解決できる様な気がする。

以下に問題点を列挙すると。

1)広域交通をになうには、JR四国の徳島近郊路線(徳島線、高徳線、牟岐線、鳴門線)に乗り入れし、近郊都市との連絡路線に活用する必用が有る。

2)この際現在殆ど電化されていないJR区間を電化する必用があるが、直流1,500Vでの電化を計画しているJR側と、安全上の理由で市内区間を直流600V電化としたい市当局との間で交渉が難航する事が予想される。

3)また道交法・軌道法の都合で制限速度60Km/hの市内併用軌道区間での走行性を維持したまま、同じく100Km/hのJR区間にJR列車の運行を妨げない様な高速性を確保出来るか?
4)トラムを導入するからには現在バス路線に頼っている市内中心部、それに徳島空港アクセス路線、そして徳島市東部・徳島港フェリーターミナル方面に新規に併用軌道を敷設する必用がある。

デジタヌが考える解決策はこうである。

1、2、3)は前途のLRV“Hi-tram”を導入すれば解決可能であろう。

4)については、現在整備が進んでいる県道38号線を拡幅し中央部分に併用軌道を敷設すれば市内の東西交通の幹線となるであろう。

又徳島空港アクセス線については、現在通勤時間帯に慢性的渋滞に悩まされている国道11号線吉野川大橋のバイパスとして更に下流側の県道29号線住吉5丁目辺りから対岸に道路併用橋を建設し、中央部分にトラム専用軌道を併設し東西線と接続すれば良かろう。

○ただし建設に当たっての配慮すべき項目としては。

1)JRの徳島近郊路線の電化区間(トラムサービスエリア)としては、南は阿南市 東は鳴戸市 西は吉野川市 北は板野町辺りぐらい迄が通勤移動人口(トラム潜在利用者)と採算面から考えても適当であろう。

2)市内の併用軌道の路線設定に当たっては、なるべく幹線道路を避け一本ないしは2本離れた裏通りを、地元車両以外進入・通り抜け禁止の樹木に囲まれたトラムと歩行者の為の専用道として整備し、トラムと歩行者が共存出来る地球に優しい環境整備を心がけるべきである。

○導入効果

小生の提唱する”徳島シティーライナー”を新設すれば、朝夕の通勤時間帯の自家用車による停滞緩和のみならず、周辺都市からの昼間の買い物客の呼び込みや、県庁等へのアクセスも改善され行政サービスの向上にも繋がり、中心都市徳島の活性化やひいては自家用車による大気汚染防止にも役立ち、お年寄りや身体の不自由な人たちいわゆる交通弱者に優しい世界に誇れるエコロジーモデルタウンが誕生するであろう。

徳島県・徳島市当局者の方々、県会議員、市会議員、周辺市町の行政担当者や議会議員のお偉い先生方の皆様、本記事がお目にとまりましたら、是非御一孝願います。

亡き母の故郷徳島が21世紀の地方地盤沈下の波に飲み込まれませんよう、トラム建設が徳島躍進の起爆剤に成りますよう心から祈り提言する次第です。

<この稿一応終わり>
[2008/12/30 13:41] 鉄道時事放談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/223-7a40b7bf







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。