スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新たなる環境税、モーダルシフト推進特定財源の提言 

これでいいのかエコロジー対策 モーダルシフトを考える 

その2、日本に於けるトラムの再評価と導入の障壁(財源確保)


§1 トラムの再評価

1)建設費が比較的(地下鉄、高架鉄道、新都市交通等に比べ}安上がり。

2)_最新の、低床車両を用いれば、障害者やお年よりいわゆる交通弱者に対しても、「優しい乗り物」である。

3)既存の、鉄道線や使われなくなった貨物線・廃線等を上手く利用すれば、利用者(乗客)にとって、快適な「シームレス交通機関」となりモーダルシフトに導きやすい。

4),同じくバスと同じように、交差点で路線を乗り移ることが出来「系統別」運行が可能であり、より一層利便性が向上する。

5)、バスと違って、それ自体では排気ガスを出さず、エコロジーにも優しい。(但し、発電所には環境問題がつきまとうが。)

§2,トラム導入の障壁

1)比較的安いと言っても数十億/㎞の建設費が導入時の課題。
政令指定都市では、経由税・ガソリン税のいわゆる道路特定財源を広義に解釈するやり方で流用も出来るが、一般の地方都市では財源が1番の問題となる。(熊本市が断念したのもこれが理由)

2).導入後の営業経費・運行経費と維持管理費が最大の問題!
何とか建設できても、百万規模の地方都市では「独立した事業としての採算性」は極めて悪い。
運賃を高く設定すれば、利用者は伸びないし、安く設定すれば、赤字は目に見えている。

先にも述べたが、諸外国では、「市内無料」と言った思い切った方法で、利用者(モーダルシフト組)を確保している。

つまり赤字覚悟で、惜しみなく税を投入しないと「モーダルシフト」は実現できない!

3)と言っても、「そんなカネ何処にあるのか」である。
”うつけ者の岐阜市”がこの例である。

§3 そこで、”モーダルシフト特定財源”である”環境税”の導入を提案する。

★何に税金を掛けるか?

ズバリ”マイカー””マイバイク””白ナンバーの営業車(社用車)”に課税すればよい!

具体的には、排気量/乗員で年間いくら の課税とする。

例えば、ミニバイクの排気量50cc/1人・/年を基本単位とし年間¥1500を課金する。
軽四輪なら排気量660cc/4人=165ccつまり切り上げて排気量200cc→4口×¥1500=¥6,000/年の課税とする。
今流行の?レクサスだと排気量5000cc/5人=1000cc→20口×¥1500=¥30,000となる。

これによって、無駄な大型車の氾濫を抑制すると共に、”資源小国”である我が国の実情に見合った経済車”の普及を促進する。
 
且つ金に糸目を付けないで”贅沢車”を乗り回しているバカ共からガンガン税金を徴収し、トラム建設と運営・維持管理に対する補助金の財源(モーダルシフト特定財源)とし、交通弱者の救済とエコロジーの保全を図り、明るく希望の持てる未来を子孫に残したいとは思いませんか?

<この稿一応終わります。>
[2008/07/07 19:33] 鉄道・公共交通 | TB(0) | CM(1)

環境税

こんばんは。通りすがりの者なのですが・・・公共交通~モーダルシフトの一連の記事を拝読いたしました。おっしゃるとおり,掛け声ばかりで実際は関係者の「利権」と「コスト」のことばかりが問題にされて,利用者のことなど二の次三の次という事例が多いようですね。
私は浜松市在住ですが,近所の「遠州鉄道」という電車の終点をほんの少し延長する(「天竜浜名湖鉄道」という別の路線に一駅だけ乗り入れて,その地区の中心街に乗り換えなしで直接行けるようにする)という計画が,とても信じられないような費用試算のデータを元に否決されたのをみて,悲しくなりました。

デジタヌさんのおっしゃるように,マイカーへの「環境税」導入は理に適っているように思います。ただ,環境にとって問題なのは(贅沢)車の所有でなくて使用だろうと思いますので,車両そのものでなく燃料(ガソリン)に今以上の税金を追加するのが良いのではないでしょうか。

勝手な意見を書きましたが,,,いずれにしても現状のようなやり方では,モーダルシフトに真剣に取り組んでいるとは到底感じられません。
[2008/07/16 03:17] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/207-ec7a33b8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。