スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これでいいのか大阪市政 「やる気の見えない大阪市」 その2 

”念のため”大阪市ゆとりとみどり 振興局”のHPにも入ってみたI ≪文化集客アクションプランの推進
      1 魅力あるまちづくりの推進(都市魅力づくり)
      2 ビジターにも利用しやすいまちづくり
      3 マーケティングと誘致活動の促進
      4 滞在促進メニューの開発
      5 人材の育成とホスピタリティの醸成
      6 推進体制の強化          ≫

と書いてあった。なるほど額面通り受け取れば「大阪観光案内」と関係はありそうだ。
”大阪市ゆとりとみどり 振興局”そのもののホームページは大阪市にリンクしてあるが、先ほどの「大阪観光案内」はリンクしてない。
ヤッパリ怪しい…。

次に経済局のHPにも入ってみたヤッパリ外国船寄港予定など何処にも載ってない!
そういえば、昨年末”ダイアモンド・プリンセス”が入港した際、たまたま高速湾岸線を堺方面に走っていて、天保山大橋に差し掛かったとき、バカデカイ船が天保山に停泊しているのを発見。
たまたま聞いていたラジオ番組でD、プリンセスだと知った。

日が暮れて時間ができたので、天保山に出かけてみた、D,Pの巨体は地下鉄のホームから周囲のマンション群を引き従えるがごとくに、はっきりと確認できた。

しかし、通勤時間帯であるにも関わらず、小生以外の周りの人は誹らぬ顔、無表情にそのまま疲れた顔で地下鉄から誰一人として降りようともしなかった。たぶんあまりにデカすぎて、船だとは気がつかなかったのであろう。

しかし、もし”TV大阪”あたりが一日中特集番組を組んで入港を知らせていたら、そして地下鉄の中吊り広告に入港を知らせる大阪市の広告があったなら…、事情はだいぶ違ったであろう。

仕事の帰りのサラリーマンがデート、やチョット一杯で寄り道したはずである。
桟橋迄行ってみると、それなりの人数の見物人も訪れていた。

しかし大阪市ご自慢の”ハーバービレッジ”の中は閑散としていたし。
大観覧車やキンタマリア号は、いずれも普段通りがらがら!?当然見物人でごった返す?はずだった商店街も開店休業!

どうして?何故?これだけの巨大船が寄港していると言うのに、見物人がいないの?
[2006/03/03 22:36] 大阪のこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digitanu.blog44.fc2.com/tb.php/11-3f242a1f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。