スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超人マルサリスはここが凄い! 

フンメルTP協奏曲聞き比べて。

我家にはCDだけでもマルサリスが2種、それにモーリス・アンドレ、アリソン・バルサムそれぞれ1枚、今は懐かしいカセットテープによるエアーチェックまで含めると、かなりのフンメルTP協奏曲・コレクションがある。
デジタヌが最も気に入っているのは1982年12月 彼が21 歳に成ったばかりの時に録音したバージョン(SK92619)

超人的なテクニックで、一つ一つの音が譜面に忠実・正確であるのは言うに及ばずに、フレージングの巧さは絶妙で 譜面には書ききれない 何ともいえない微妙な表情付けが感ぜられ 、”単に巧い”だけではない”そこはかとない色気”が感ぜらる魅惑的な演奏で何度聞いても飽きがこない!

マルサリスの演奏全般的にいえることだが、彼の演奏は確かな技術に裏打ちされた、妥協の無い音作りに徹した完璧な演奏ばかりである。

それはまさしく超人的であり、悪魔的とでも表したくなるような完璧で華麗な演奏で、我々オーディエンスを完全に虜にしてしまう魅力をたたえている!

狸穴猫が彼の演奏を聴いて、

「これってほんとにトランペットの音なの?まるでバイオリンみたい!」

と言ったが。

そう、バイオリンで言えばパガニーニ、ピアノならリストのように、まるで悪魔と取引をしてその音色を得たかのような印象さえあたえる。

例えば、小生が腰を抜かしたのは、第3楽章の194小節目からの9小節。

まるで2本のトランペットで演奏しているようにさえ聞こえる。

ポイントはあたまの強拍の16分音符で奏されるメロディーと それに続いてメロディーを支える実音Bのトリルの連音。

特にトリル連音が安定していて、コロコロといった感じでメロディとの対比がすばらしい。

これを聞いて、「ああ、ココはこういう風に聞こえ無いといけないんだ!」
とはじめて気がついた。

それと例えば243小節目にある実音Bの2分音符とそれに続く244小節目の8分音符が実に丁寧に演奏されている。

まさに”フンメルTP協奏曲はこう吹くべし”といったお手本的な演奏である。

現在修行中のTP奏者の卵であ音大生
の諸君はマルサリスの演奏を聴くべし!

ついでに現代トランペットの神様?とたたえられるモーリス・アンドレが帝王カラヤン/B.P.O.と共演した演奏では。各音の長さがいい加減でそのソノリティーも雑でいい加減である。

日本では、音楽専門家・評論家のお偉い先生方が、ジャズとクラシックに垣根を作ってしまっており、お互いに

「クラシックなんか…、ジャズなんか…」

と牽制しあいどっちの評論家にも受けが悪いW・マルサリスであるが…。

音楽にジャンルは無い、モーツァルトの歌劇だって当時は今のミュージカルと同じ”はやり歌”であった。

賢明な読者諸氏は、どうぞ既成概念を捨ててクロスオーバーなスーパースター”W・マルサリス”の作品の愛聴者になっていただきたい。

ちなみに小生宅では、W・マルサリスのCDはクラシック音楽ばかりであるが?
スポンサーサイト

[2010/02/04 19:14] 音楽談義 | TB(0) | CM(1)

クラシック演奏家W・マルサリスとの遭遇? 

ウィントン・マルサリスは当代きってのクラシック演奏家!

”貴方はクラシック界で現代最高のトランペット奏者をご存じですか?”

と、音楽通を自認するあなたに質問したら、キットこう答えるはず、

「それはモーリス・アンドレに決まっているでしょう!」

「じゃーアンドレに続く人は?」

「うーん…、オーレ・エドワルド・アントンセンってところかな?」

「ジャー、ウィントン・マルサリスをご存じですか?」

「知ってるけど…あの人はジャズトランペッター”でしょう!」

数週間前までの、”自称クラシック音楽評論家のデジタヌ”がそうであった。


”未知との遭遇”ならぬ”クラシックトランペット奏者マルサリスとの遭遇”は突然やってきた。

1月21日の午後、いつものように配送の仕事を終え、基地である会社にトラックを回送中に、これまたいつものようにNHKFM「クラシックカフェ」を聞いていたとき、これまた毎度お馴染みの「フンメルのトランペット協奏曲」が流れてきた。

美しい音色と、卓越した技術、そして何ともいえない”色気”(フレージング)に思わず聞き惚れてしまった!

ちょうど、いつものように狸穴猫とお喋りしていたので、
「これは、音色が綺麗から、きっとアリソンバルサムに違いないデー…」
と話していた。
程なく、プログラム紹介になり、小生の予想は大はずれ。
「トランペット、ウィントン・マルサリス、レーモンド・レパード指揮イギリス室内管弦楽団の演奏で…」
「エー…、嘘やろー…、マルサリスちゅーたら、ジャズトランペッターやで、…!」

「WEB番組表で、CD番号調べて買(こ)うてくれ!」

と言う訳で数日後に、最初のCD SK92619とSK66244の2枚組が到着。

これを聞いてまたまたびっくり”ブットンデしまった!”

「な…な…なんや これは!こんな凄い演奏があったなんて知らんかったがな!」

「俺としたことが、いったい全体何をしとったんや!」

十数年来CDなるものを購入したことがなかったのに、気がついてみれば短期間のうちに、CDが5枚増えてしまって7アルバムに。

マルサリスがもう4枚と聞き比べのためにモーリスアンドレ(CDU7243566961 2)とアリソンバルサム(50999 2 16213 0)の計7アルバム(いずれも輸入盤)。
(この辺の事情は狸穴猫が詳しく書いている。)

それからと言うもの、完全にクラシックトランペット奏者?W・マルサリスに魂を奪われてしまった?

暇さえあれば、夫婦そろって朝から晩まで何度も何度も繰り返しW・マルサリスのCDを聞き続けている…。

続きは次回。
[2010/02/04 11:36] 音楽談義 | TB(1) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。