スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これでいいのか公共交通 誰のためのトラム建設? その2 

その2 小牧市の教訓が生かされなかった 「ゆとりーとライン」

以前、別項でも述べたが地域コミュニティーの基となる共同体=コミューンは、活き物である。
為政者が勝手に引いた線引きで区分した自治体エリアでは縛れない。
 
活き物で有るが故に時代と共に”アメーバー”のように地図上を変化してその生活圏を変化させている。

この事が、為政者とその片棒を担いでいる”有識者”のお偉い先生方には理解出来ないようである。

為に、お偉いさん方は常に「生活圏を無視したアクセス路線」を計画し、建設してしまう。

我が国に於ける昨今のトラムブームの影には、ギョーカイと軌道法のトリックによる道路特定財源という名の 打ち出の小槌 が見え隠れしている。

諸外国 特にヨーロッパでトラムがブームになっているのは、環境問題から地球に優しい交通機関として”電車”が脚光を浴び、都市内乗り入れの一つの手段として建設費の掛からない路面電車=トラムが注目されている訳である。

いわゆる”モーダルシフト”の一つの解決策として”トラム”の導入を積極的に推進しているわけである。

更に、地域コミュニティー(自治体)がソフト面 すなわち運営面でも、強力にバックアップしパークアンドライド推進のために郊外駅周辺の駐車場整備や、鉄道事業者が各種の割引切符を発行しやすいように直接的な運賃に対する補助金支出(すなわち税投入)を積極的に行っている。

また、ヨーロッパで、”市内乗り入れトラム”が流行している理由は、一地方都市の市街地域だけの交通問題の解決策として取り上げるのではなく、都市を中心とする地域住人の生活圏全域に関する広域交通網としてトラムを捉えている。

一方、前回取り上げたピーチラインのお粗末な顛末に代表されるように 我が国日本では為政者である行政当局が建設費を捻出しやすい”軌道法”に目を付け”道路特定財源のオコボレ”に預かろうとギョーカイと当局のためのトラム建設?に向かっている。

住人の”生活圏”別な言い方をすれば”コミューンの生態系”を無視した新路線建設計画が地方自治体でブームになっている。

勿論、これには”ギョーカイ”ぐるみの”官”に対する”提案型セールスプロモーション”の一環としての”接待攻勢?”と”OB再就職勧誘活動”がセットになっている。

最近の例では、”名古屋ガイドウェイバス”。「ゆとりーとライン」。

トラムではないが、これも立派な軌道である。

この路線の馬鹿馬鹿しさは「日本最初のガイドウェーバス」建設と運営に拘ったところにある、そしてご存知”軌道法”=道路特定財源の流用。

利用者の生活圏を無視し無理矢理 大曽根駅にターミナル接続してしまった!

為に、色んな矛盾が発生している。

詳しくはガイドウェイバスシステム開業後3 年間の状況分析 加藤博和の「路線バスリサーチ」第6回 「利用者は予想の半分」 名古屋ガイドウェイバスは本当に失敗だったのか? を参照願いたい。

<つづく>
スポンサーサイト

[2008/06/30 20:19] 鉄道・公共交通 | TB(0) | CM(0)

これでいいのか公共交通 誰のためのトラム建設? その1 

その1 一か八かの大博打に破れた小牧市とピーチライナー?

本末転倒のトラム建設ブーム?に一言。

本来公共交通は「地域住民の利便」が最優先されるべきであるにもかかわらず
現実には、「自治体のエゴ」と「当事者の利害」が最優先されている。


先の休日に何気なしに、「廃線関連のWEB」を巡っていた。
そこで、とんでもない記事を発見した!

ピーチライナーが、2006年10月1日に廃線になっていたのである!

ご存じない方のために、「ピーチライナー」とは愛知県小牧市の小牧駅と桃花台ニュータウンを結んでいた新都市交通であった。

中央道をよく利用される方なら、現在も撤去されずに残る終点の桃花台東駅の先にるループ線をハイウェーから眺めることができるでよくご承知のハズ。

小生も何度か仕事で、同線の高架下の県道を走行している。

何故「とんでもない」のかと言うと、同線の開業は1991年3月25日、つまりたったの15年と6ヶ月余りで廃線!となったわけである。

313億円も掛けて建設した鉄道がたったの15年でお払い箱となったわけである。更に撤去費用に100億円の巨費を要すると言われている。

何故コンナ馬鹿げたことが起こってしまったのか?

色々言われているが、一言で言うなら「需要の無いところに鉄道を引いてしまった!」となるのであろう。

桃花台ニュータウンの住人達は当局の意志に反し?同線を利用することなく、隣の春日井市にあるJR春日井駅を毎日の主要アクセスターミナルに選んでしまったので有った。

どうして住人達が、当初自主運営のチャーターバスまで走らせ、春日井駅へのアクセスに拘ったのか?同駅を乗り換えターミナルに選んだのか?いや選ばなくてはならなかったのか?

また、当初当局はどうして近くを走るJRを無視してニュータウン住人のアクセス計画を立てたのか?

更に、市当局が何故1㎞当たり42億、総工費313億円もの巨費を投じてまで7.4㎞の区間に新都市交通を建設しなければ成らないと判断したのか?

筆者が考えるには、ニュータウン住人のアクセス手段選定の過程で、単なる選択技の一つであったはずの”新都市交通建設”が何時のまにやら”目的”と化し”小牧市に新都市交通システムを建設するための路線探し?”となってしまったのであろう!

小牧市が事業主体で進められたため、春日井市を通過しJR春日井駅に至る経路など有っては成らず、当時名古屋中心部へのアクセスが甚だ悪い名鉄小牧駅をターミナルに選ぶコースと成った訳である。

「小牧市がニュータウン建設の建設条件として、住人のアクセスの確保を打ち出し、都市開発機構が当時全国各地ではやっていた”新都市交通”建設を持ちかけた。」とまあコンナ所であろう

結果この茶番劇で特をしたのは誰か、言わずと知れた建設業者と車両メーカー、付帯設備を担当した設備メーカー、施工業者…すなわち”業界”。
反対に損をしたのは、建設費を上乗せされた桃花台ニュータウンの入居者達と建設費を負担した小牧市民、そして同じく補助金と言う名目の税金を醵出させられた我々国民と言うことになる。

<つづく>
[2008/06/29 16:45] 鉄道・公共交通 | TB(0) | CM(2)

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座。第12回 

第12回 NTは日々の暮らしに変化を求め、アスペルガー星人は平穏無事を求める。

「若者は日常の生活を退屈と感じ常に変化を追い求め続け、年寄り?は平々凡々な日常を好み、急激な変化を好まず、古くからの伝統、長年の習慣、に拘った安定した日常生活に憧れる。」などとよく言われる。

勿論、若者の中にも、変化を恐れ、新しいことに極端に警戒心を持つ人もいるし、老人の中にも、知識欲旺盛で常に新しいことにチャレンジしている人もいる。

アスペルガー星人の中にも、恐怖心と戦いながら?も、探求心を満足させるために、新しいことに果敢に挑戦している人も多い。

小生も若い頃を振り返ると、本質的には人だかりを避けて通り、始めて訪ねていくところにはワクワクを通り超えたドキドキに近い「未知への不安にも似た、えもいわれぬ感情」を感じる人であった。

しかし、「これではいけない」と自分を鼓舞し、努めて、「野次馬を装い」「興味旺盛な振り」を演じてきた?

しかし、大型ドライバーという仕事を53才という高齢?になってから初め、毎日が非日常的でハプニングの連続のこの仕事をするように成って、ふと感じたことは「今日一日何事も起こらず、平凡に、スムーズに、物事が運びますように!」と願っている自分の姿であった。

長年、営業職という事務系の仕事に携わり、”臨機応変”を座右の銘に、数々の難問題?を克服してきたが。

”現場作業”が主体の”技能職”である運転手では、臨機応変な対応も勿論重要だが、それより何より”い運動能力”と”強靱な精神力”が要求される場合が多い。

軽い運動障害とパニック状態に陥りやすい”素性”を持つ小生にとっては、5年が経過した未だに”経験不足”は否めず、自分では”満足の行く仕事ぶり”などとは言えない、どちらかと言えば自信喪失すれすれの毎日を過ごしている。

そこから得た結論は、アスペルガー症候群や高機能自閉症の仲間達は、年を取れば、取るほど、その障害が顕著に表れるようになり、「ご近所や仲間(NT)達と 揉め事を起こさず、”上手くやる”為に、どうしたら”フツーの人”に成れるのか”自分の本性との戦い”に日々格闘し悶え苦しんでいるのだろうな」と言う想像である。

しかしながら、自分が何者であるか?自身の素性(アスペルガー症候群、高機能自閉症)が論理的に把握できた人ならば、少なくとも「自分は、何故こんなに誤解されやすいのだろうか?」とか「世の中や、会社は何故俺を認めてくれないのか?」などと言う、疎外感や”感覚のズレ”から解放されるのでは無いか…、と言う思いである。

若い頃から回りの人に、奇人・変人扱いされ「俺の一体全体何処が変わって居るんだ!?」「俺は極フツーではないか!」などと 若い頃あんなに悩んだことは「何~だコンナ事だったのか!」となり、ずいぶん気持ちの持ちようが楽になると思うのだが。

そこで、本日のワンポイント

不幸なアスペルガー星人とは、自分がアスペルガー星人で有ることを知らないアスペルガー星人である!

可哀相なアスペルガー星人とは、アスペルガー星人と気づきながら、NTとの”ズレ”を治そうと 一生懸命もがいている人たちである。

そして、幸福なアスペルガー星人とは、自分の素性を知り 良く理解し 無理をせずに世間に”同化”出来た人たちである。


<気を取り戻してこれからも続けるゾー!>
[2008/06/11 21:05] アスペルガー星人の話 | TB(0) | CM(0)

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座。第11回 

第11回 アスペルガー星人は報連相が苦手 蛇足編?

前回、我が家の、茶の間の張り紙を紹介したが、狸穴猫のプログを見て「スローガンとしては面白いが、仲間意識の希薄なアスペルガー星人には説明不足だ」と感じた、そこで今回は蛇足編をお届けする。

まずは、当家の張り紙を以下のように替える事にした。

『報・連・相で今日も一日御安全に!

あれこれ悩まず何でも相談。
連絡し合ってチームプレイ。
些細なことでもすぐ報告。       

内容は5W1Hで丁寧に判りやすく!    』




「何だあんまり変わってないな、ヤッパリ良く判らない!」
とおっしゃるアスペチャン達へ。

○Step 1 これからやろうとしている未來の出来事についてのいわば作戦会議が”相談”です。

家庭内でも外に出ても、兄弟の事や、友達のことや、勉強(仕事)のこと等、色んな悩み事は次々に起こってくるはずですね。

そこで 問題が発生したら「1人で”悩まず”親兄弟とか親しい人に相談してみましょう。」

1人で、悩んでいた時にはどうしても判らなかった問題にも、キッとすばらしい解決策が見つかるはずです。

つまり相談とは「悩み事や問題を、頼れる仲間に打ち明けて、仲間と共有し合い、お互いに智恵を出し合い解決策を練ること」なのです


○Step 2 現在起こっている事柄について情報交換することが”連絡”です。

 コミュニケーションの基本は連絡し合う事です。

例えば君たちにとって、一番身近なチームとは何でしょうか?

そう、それは家族ですね。

家族と言うチームを”もめ事”も無く”スムーズ”に運営するには、”チームのメンバーである家族同士がお互いに連絡し合って、協力し合う必要”が有るのです。

つまり連絡とは、「チームメイト同士が意志の疎通を図る為に色んな情報を交換すること」です。



○Step 3 過去の体験した事柄を説明するのが報告です。

貴方の普段の行いを貴方の良き理解者、例えば親兄弟や仲間に”報告”しましょう。

言い方を変えれば、「報告とは、貴方の体験した出来事についてその”過程や結果”についての”子細”を相談に乗ってくれたり 連絡し合った”仲間”に”説明”すること」です。

以上のループを重ねる事により、「健全な仲間意識」が育まれる事になります。

○そしてその”説明”には古くから言われているように5W1Hで説明する事を心がけましょう。、

仲間に「貴方の体験した事」が良く伝わり、貴方の取った行動が”正当に評価”され、誤解からくる「仲間はずれ」や謂われのない「誹謗・中傷」を避けることが出来るようになるのです。

When(いつ?)Where(何処で?) Who(誰が?)What (何を?) How(どの程度?)Why(何故?)

<ヤッパリ続けるよ?>
[2008/06/03 00:08] アスペルガー星人の話 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。