サントリービールについてのお話 

サントリービールについて

1963年にサントリーが異業種?(異組合;日本洋酒酒造組合)から新規参入したビール業界は第2次大戦後の1953年に酒税法と共に制定された「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(酒類業組合法)」によりできた特別認可法人の「ビール酒造組合」に加盟していた当時のいるいわゆるビール御三家、朝日、キリン、サッポロが仲良く分け合っていた「寡占市場」であった。

当時のアルコール飲料業界は、許認可・権益・利権主義政府の下で厚く保護されており、歴史を誇る日本酒が日本酒造組合中央会、ウィスキーが日本洋酒酒造組合、そしてビール業界がビール酒造組合とハッキリと棲み分けされており組合毎に「業種(権益)が確立」しその境界を乗り越えるのは大変難しく暴挙でさえあった。
サントリーが「異業種?」であった、ビール業界に殴り込みをかけた意味は大きいと思う。

その後の1972年にキリンが逆に、”ウィスキー屋”に「旧キリンシーグラム」という形で新規参入したり、2001年アサヒがニッカを完全子会社化たり、規制緩和に伴い各地の造り酒屋がブリュワリー事業に参入し地ビールという新たな市場を創設したり、今や大手酒造会社まで地ビール事業に乗り出している、

そしてキッコーマンのマンズワインに代表されるように、1960年設立の全国味噌工業協同組合連合会加盟の味噌醤油業界も醸造技術を活かし、ワイナリー事業やブリュワリー事業へと進出している。
と言っても実は異業種参入はサントリーが最初ではなくキッコーマンがサントリーに先立つこと1年前の1962年に旧勝沼洋酒株式会社を設立し「マンズワイン」の製造販売に乗り出していた。

1980年代以降のバブル経済で吟醸酒ブームがおこり、戦前の1940年から続いた日本酒級別制度も1992年に廃止され、全国で地酒ブームが起こり各地の造り酒屋も再興の兆しが見え始め、折から業界自体も「女性杜氏」への門戸開放・登場などで日本酒に新しい風が吹き出している。


そんな昨今2006年の酒税法一部改正で年間最小醸造量が6Kリットル以上に緩和されたのを受け、2014年山梨県甲州市の「が(株)サン、フーズ」が1972年の旧旧キリンシーグラム以来およそ半世紀ぶりに「製造免許」を申請・取得造小規模ディスティラリーが認可された。所轄官庁も久々の申請で戸惑ったことなどが、NHKでも取りあげられて話題になった。

その後酒造会社を中心に続々と新たなウィスキー製造業者が免許取得ラッシュとなり、バブル崩壊後意気消沈していた「飲用アルコール」産業も除じょでは有るが、新たな動きが見え始めてきた。


また醸造日本酒と蒸留焼酎の垣根も徐々に低くなり,各地特に九州各地で両酒造組合の統合が進んだり、同じく2006年の酒税法一部改正を受け新たに「単式蒸留しょうちゅう製造免許」(年間10Kリットル以上)を取得した酒造メーカーが特産品を使った地焼酎製造に乗り出すなど飲用アルコール業界に新たな動きが起こっているのは間違いないだろう。

呑兵衛にとっては、飲用アルコールの多様化はまことにありがたい限りである。

お酒(アルコール飲料)の組合・協会などの中央組織紹介 

日本では多種多様な酒類が流通しています。
種類(アルコール飲料)に関する協会、協議会を名乗った団体は数多く有りますが、個人的嗜好を共有する同好会であったり、業界の親睦会であったり、その他多少怪しそうな組織まで含めると数多くの団体があります。
本項では日本酒(清酒・焼酎)、ビール、ウイスキー、ワイン、スピリッツ類業界の企業で構成された組合・連合会・協会を紹介します。

は酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(昭和28年2月28日法律第7号。以下、「組合法」という。)に基づき、酒税の保全及び酒類業の取引の安定を図ることを目的として設立されました。正式な酒造組合の全国組織で別項で紹介した様に全国都道府県の40の酒造組合と7つの酒造組合連合会で構成されています。

は同じく昭和28年に「酒税法」とともに制定された「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(酒類業組合法)」によりできた特別認可法人で。現在以下に示すメジャービール会社4社が加盟しています。
アサヒビール株式会社/東京都墨田区/2011年7月1日加入
キリンビール株式会社/東京都中野区/2007年年7月1日加入
サッポロビール株式会社/東京都渋谷区/2003年7月1日加入
サントリ-ビール株式会社/東京都港区/2014年10月1日加入
オリオンビール株式会社/沖縄県浦添市/1986年1月1日加入
※注1(本土各地ではアサヒビールが販売協力していますがアサヒグループホールディングス(株)の子会社ではありません独立した別の企業です)

※注2、加入年度が異なるのは各ビール会社の組織改編に伴う再加盟の為です。



1994年4月、ビール製造最低数量が2000klから60klに下げられたことにより、全国各地に200を超える小規模ビール醸造所の醸造するいわゆる「地ビール」が誕生しました。
JBA(Japan Brewers Association)全国地ビール醸造者協議会は、1999年3月に全国各地の小規模醸造所の業界団体として設立され、以下の理念にもとずき運営されています。
全国各地で美味しいビールを造る(地ビールの品質向上、技術研鑽)
地ビール愛好家を日本各地に沢山つくる(販売促進、広報・啓蒙活動)
酒類製造業としての税務執行と要望(酒税法に関る税制要望や提言)

ウイスキー、ブランデー、スピリッツ、リキュール、甘味果実酒及び雑酒(性状がみりんに類似するもの)の製造者で構成されている1953年の「酒税法」とともに制定された「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律」に基づき、「日本洋酒酒造組合」が設立されました。
※注1酒税法上の酒類の種類の名称は「雑酒」のままでしたが、1962年の酒税法の改正により、「雑酒」は、「ウイスキー」、「ブランデー」、「スピリッツ」、「リキュール類」、「甘味果実酒」、「雑酒」に分類されました。
※注2、加盟73社/2017年3月10日現在

日本ワイナリー協会は、1974年11月に業界の発展と会員の親睦を目的として、国内のワイン製造業者の有志15社で発足した。ワインの品質向上に関する技術的調査及び研究、その他協会の目的を達成するために必要な事業を行っています。
2017年現在、会員79社、4つの団体(85社)の164社で構成されています。












世界入りにくい居酒屋/BSプレミアム/NHK について 

NHK_BSプレミアム に不定期で放送される番組に「世界入りにくい居酒屋」という番組がある、読者の皆さまはは先刻ご承知かもしれない、毎回多彩なタレントが世界各国へ旅行し観光ガイドなどには登場してこないような、その土地の人しか知らない酒場の数々をレポートしてくれる番組である。今のところ(2017年6月現在)次回の放映は決まっていないようだが、同番組ホームページには、過去の放送が紹介されている。ごらに成ったことのない方は一度訪問されては?