三つ葉と椎茸の炒めなます/マミニャン・ママ 

 

三つ葉と椎茸の炒めなます香りと食感を楽しむ小鉢

 焼き椎茸の香りと三つ葉の香り、夏場のビールや冷酒のお伴に、お酒の肴にピッタリ。

オーブントースターとフライパンがあれば…、簡単に作れるそうです。

詳しくはこちら。



お酒の肴 マミニャンママの早出し逸品 

ビールや冷酒のお伴にちょっとしたアイデアで手軽に作れるサイドメニュー集です。

おくらと玉ねぎの塩昆布和え


ほんの一例、これ以外にも沢山とりそろえております。


初鰹を食する /マミニャン寄稿 

初鰹のシーズンだぁ!


目には青葉 山ほととぎす 初鰹

山口素堂の有名な句である。

この季節になると、口をついて出てくるのが上の句だ。


というわけで、近所の魚屋で上物の鰹のたたきを目にしたのでつい衝動買い。

何のことはない、なじみの魚屋さんゆえ、その場で切ってくれて、薬味も大盛りでつけてくれるのであとは盛りつけるだけ。


るんるんで家に帰るが、問題となったのは帰ったらポン酢がなかったことである。

当然、買いに走る訳だが、当然、旭ポンズである。

大阪に来てポン酢の味に目覚めてしまった。


サイドメニューは若竹煮(ひろうす入り)

に、赤だしの味噌汁。


asahiponzu.jpg


で、必須アイテムの旭ポンズ、大阪では結構どこでも売っているが、大阪以外では「幻のポン酢」として、お取り寄せアイテムになっているらしい。

が、そんなこと気にせずに、小皿にポン酢を注ぎ、をつけていただく。

うまい!!

初鰹特有のさっぱりとしていながら旨みが凝縮されている濃厚な味。

うーん、やっぱりこの季節には食べないとね、初鰹。


さて、この時期の鰹といえば枕崎とか宮崎とか土佐が有名かな。





霧島黒豚で冷しゃぶをしてみる 

霧島黒豚(林兼産業)が生協経由でお取り寄せできた。

しゃぶしゃぶ用モモ肉だ。

そこで冷しゃぶを作ることにした。


冷凍できたのでまずは解凍。

冷蔵庫で1日。


で、調理だが、

まずは豚肉、沸騰させた多めの湯でさっと一枚ずつ湯がき、氷水にとり、すぐにざるにあげる。(を、繰り返す)

洗って水気を切ったレタスをがばっとさらにしき、タマネギ、キュウリの薄切りを散らす。

真ん中に冷やした豚肉を適当にちぎってのせ、トマトを脇に飾る。

できあがり。


タレは、市販の焙煎ごまドレッシングである。

画像があまり良くないが乗せてしまおう。

butasyabu01.jpg


味は...というとやっぱり若干旨みが強い。部位がもも肉のため柔らかくはない。

冷しゃぶはどうしても旨みが弱くなるのが残念ではある。


(ま、葛かければ多少違うんだが...)



でも、4歳の娘の一言「ママ、今日のお肉おいしい♪」

子供は正直である。

確かに皿の上の肉はあっという間に消えた。


霧島黒豚、強し!


である。




生桜えびでかき揚げだぁ 

生桜えび(冷凍)をお取り寄せ♪

もちろん静岡県は由比漁港産である。

で、当然のことだが生桜えびのかき揚げを作る。


刺身もいいがかき揚げはマストアイテムなのだ。


玉葱と青ネギ(奴ネギ)をまずは細切りにし、天ぷら粉をたっぷりめにまぶす。

その中に解凍した生桜えび100gを投入。

それから水を様子を見ながら加え、なんとかまとまる程度の生地に。

これを適量ずつ中温の油で揚げれば桜えびのかき揚げのできあがり。

コツは...、最近年のせいか何事も面倒くさいので「コツのいらない系」のちょっとお高めの天ぷら粉を使うのがコツといえばコツ。

ちょっと高めの温度で香ばしく揚げた方がうまいかな。


sakuraebikakiage.jpg


うまい!!!

香りが何とも香ばしいんだよね、揚げた桜えびって。

できたてをほおばるとこれが甘いこと。

旨みもたっぷりだわね。


え、食べたい。

食べたいでしょ、うふふ。